メンテナンスの方法

自動巻時計はウォッチワインダーで保管するべき?

ワインダーは必要?

時計の保管、メンテナンスに便利なウォッチワインダー。保管の際、ワインダーを使用するべきか使用しないかでいろいろな意見があるようです。

実際どちらが大切な腕時計にとって良いのでしょう?

ウォッチワインダーとは

ウォッチワインダーとは自動巻腕時計の本体を回転させることで、ローターを回転させ時計を駆動状態に保つため、保管するための機械です。

時計は動かし続けた方が良い

腕時計のムーブメントには専用の油が使われています。この油は静止した状態が続くと早く劣化し、粘度が強くなったりして、動作に悪影響を与えかねません。

動かし続けることによって油の減りが早くなってオーバーホールする時期が早くなってしまうのではないかと考える方もいるようです。動いていても止まっていても油は蒸発して次第に減っていくので大した違いはありませんので、ゼンマイが巻き上がった状態を維持して動かし続けた方が機械にとっては良いコンディションを長く維持できるようです。

いずれにしても3、4年に一度はオーバーホールが必要です。

自動巻時計を複数所有している人にはとくにおススメ

腕時計をたくさん所有している方には是非使用していただきたいアイテムです。どうしても1本一本の使用頻度が少なくなってしまい、巻き上げや、メンテナンスにかかる手間がかかってしまいますが、ワインダーがあれば手間を軽減しつつ、使用頻度の少ない時計のコンディションも整えてくれます。

おすすめウォッチワインダー

数あるウォッチワインダーの中でもおすすめのモノが“ボクシーデザイン -BOXY Design”のブリックワインダーです。

こちらの商品はマブチモーターを採用しており非常に静かで安定した動作には定評があります。

そして最大の特徴は積み上げてたり、別売りのボードの上に乗せることで複数のワインダーを一つの電源で連動して動作させることができることです。

もしワインダー自体が故障してしまっても、ひとつずつ取り替えることが可能です。

ボクシーデザインウォッチワインダーはコチラ
ウォッチワインダー一覧はコチラ