時間 コラム

時間のムダの見つけ方。- 今日から始める時トレ!4 –

今日から始める時トレ4

記録簿をつけて検証してみよう!

今日から始める時トレ!4回目は「ついダラダラしてしまう‥。」、「うまくスケジュールが組めない‥。」とお悩みの方必見。無駄な時間を見つける方法のご紹介です。

今回のポイントは3つ

  • 時間の使用目的をはっきりさせる。
  • 時間の記録簿をつけると、見えてくるもの。
  • 時間の記録簿は、検証が大切。

時間の使用目的をはっきりさせる。

時間の使用目的がはっきりしていると、行動の仕方に差が生まれます。たとえば、「この時間は情報収集のための読書に使う」「この時間は買い物に充てる」「この時間は思い切り遊ぶ」などというように、頭の中で時間を分類し、シールを貼っておくのです。すると、想像以上にその時間を有効に使えるものです。自分が「稼ぐ」というシールを貼った時間は、一生懸命稼ぎ、「遊ぶ」というシールを貼った時間は、一生懸命遊ぶ。こうすることで、時間に振り回されることなく、自主的に動くことができ、ストレスも軽減します。

20161107id_blog_2

時間の記録簿をつけると、見えてくるもの。

小学校の夏休みの宿題などに、1日の時間の使い方を色分けして提出した記憶があると思います。朝何時に起きて、ラジオ体操にいき、ご飯を食べ、何時から勉強、というあの表グラフです。あれと同じ物を1週間分作ってみます。すると、自分の行動のすべてが「見える」化し、面白いわけでもないのに、ついダラダラとテレビを観てしまった時間など、無駄な時間(稼ぐ時間でも、学ぶ時間でも、遊ぶ時間でもない、目的意識のない時間)が見えてきます。
やるべきことが明確な人……、たとえば試験を受けるために勉強しなければならない人、新しい環境で友人と親交を深めたい人、健康のためにスポーツを始めたい人などは、それに置き換える時間がどれだけあるか、簡単にチェックできるというわけです。睡眠や食事、入浴など、減らすことのできない時間はしっかり確保し、その他の時間をどう調整していくかがポイント。

20161107id_blog_1

時間の記録簿は、検証が大切。

時間の記録簿をつけると、必ず何の目的もなくダラダラと使っているグレーゾーンが見えてきます。この時間こそ、本人の意識が変われば有効に使える時間です。ですから、罪悪感を持つ必要はありません。逆にこんなに可能性があるじゃないかと、前向きに考えることができれば、時間はあなたの大きな味方になるはず。

また、せっかく目的のために使っていたはずの時間がムダになってしまったということもあるでしょう。情報を得るためネットサーフィンをしたり、図書館を巡ったけれど、思うような目的が果たせなかったり、読書をしても頭に入らなかったり。そんなときは、目標に無理がないか検証することも大事。

自分の力を見極め、クリアできる目標を設定し直すこと。こうして時間を有効に使うことが、自分の目標に確実に到達する近道になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket