時間 コラム

「時間がない」は、もうやめよう。 – 今日から始める時トレ!1 –

スピードを上げると、時間の質が変わる。

仕事や勉強に追われ「忙しい」「時間がない」というのが口癖になっている人、結構多いのではないでしょうか。どんなに忙しくても、
自分の時間を持って、楽しむ時間を上手に活かしている人は、世の中にたくさんいます。誰にとっても平等に与えられている24時間。最大限に、賢く使いこなすための時トレ、できる人は、もうはじめていますよ。

entrepreneur-593378_1920

やると決めてから、行動に移すまでの時間を短縮する。

仕事も勉強も、じっくり時間をかけて取り組むことがベストだと思っていませんか。ゆっくりやる方が、質が上がるというのは実は思い込みで、スピードを上げた方が質が上がります。学生時代の試験勉強で、覚えなければならない単語や数式を、じっくり眺めていれば頭に入ったでしょうか。時間をかけたけれど、なんとなくダラダラしてしまって、何も覚えられなかったという経験はないですか。それよりも、このページの単語を15分で覚えると決め、スピードをアップして取り組んだ方が、頭に残ったのでは。

時間を活かし、上手に使うために、何事も少しスピードをアップして取り組む習慣をつけてみませんか。そして、やると決めてから行動に移すまでの時間を短縮するよう、心がけましょう。その方が、時間をムダにすることなく、効率よく使うことができるはずです。もちろん、スピードを上げるためにはやる気が必要になります。

もうひとつ大切なことは、時間の使い方が上手な人と付き合うことです。時間の使い方がヘタで、のんびりしている人の傍にいると、一緒にゆったりしてしまい、本当はのんびりしているのに、それでも忙しいと感じてしまうわけです。ゆっくりじっくり考えているうち、どんどん時間は過ぎていきます。できるだけ自分よりも忙しく動いている人と付き合って、その人の脳内に流れる時間に対するスピード感を知ってください。本当に忙しい人は、やると決めてから行動に移すまでの時間が驚く程早いはずです。

busy-880800_1920

本当に忙しい人は、「忙しい」と言わない。

そして、あなたの口癖になっている、「忙しい」「時間がない」を言わないこと。本当に忙しい人、時間を活用している行動力のある人は、「忙しい」とは言いません。自分よりももっと忙しくても、仕事も勉強もちゃんとこなした上で、いろんなことを楽しむ時間もちゃんと捻出している人はたくさんいます。才能のある人ほど、時間が余るのではなく、仕事はどんどん増えていきます。忙しく感じるということは、自分が時間をうまく使い切れていないのだと、自覚することが大事。そう思ったら、もう恥ずかしくて「忙しい」とは言えませんね。

そして、時間短縮へのごほうびを自分にあげることも大事です。短縮で得た結果は、まさに『達成感』という高揚。1日の終わりに得られる充実感が、また次の行動のエネルギーになります。習慣にするうち、時間を上手にやりくりすることが楽しく感じられたら、しめたもの。スピード感を楽しむつもりで、時間を賢く使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket