時間 コラム

隙間時間を余裕に変えよう!かしこいビジネスパーソンのスキマ時間活用法。

スキマ時間の活用で、さらに時間を生み出す。

やらなければいけない事に追われる毎日には、些細なスキマ時間も残されていないように考えがちです。「忙中閑あり」という言葉もあるとおり、しっかりと時間管理を行い、また、注意深く観察すれば、活用できる時間を見つけることができるはず。今回は毎日忙しくお仕事を頑張っている方におすすめのスキマ時間の活用法についてです。

短いスキマ時間だから潰すのは簡単‥。やっぱり時間は使わないともったいない!

今では幸いなことに、いつでもどこでも手軽に情報を引き出すツールを、誰でも持つことが許されています。それは、スマートフォンなどの情報端末です。スマートフォンはうまく活用すれば時間を有効利用するための非常に強力なツールになるのですが、使い方を間違えてしまうと大事な時間をツブしてしまうツールにもなり得ます。

時間をツブしてしまう良くない使い方の代表はゲームでしょう。

スマホのゲームは非常にたくさんの種類があり、誰でも簡単にできる1プレイ1分から3分程度で完結するものが多く、まさにスキマ時間を使うのにはもってこいなのです。ストレス発散にもなりますし、友達や同じゲームをしている仲間とのコミュニケーションが取れたりと良い点も様々あるかとは思います。しかし、中毒性があり一度始めてしまうと止められなくなってしまいます。気が付けば総プレイ時間が何百時間にもなっている方はたくさんいるのではないでしょうか?

では、スキマ時間に見るべきものとは、どのようなものがあるのでしょうか。まずはなにより、ビジネスに関するニュースを把握しておくべきです。ニュースサイトなどは基本中の基本ですし、アプリなどを活用すれば、より分野を限定した最新情報を受け取ることができます。そしてビジネスパーソンであれば、各種経済新聞のチェックを欠かすべきではありません。また、より適切な社会情勢を知りたいのであれば、英語圏のニュースサイトの利用も検討するべきです。とくに業務で必要な情報を検索して見つけたい場合には、日本語よりも英語で検索したほうが、より適切な結果を得られることがあります。英語力に自信がないのであれば、それを鍛えるアプリというものが、数多く存在しています。語学力はグローバル社会において、なにより求められているものです。そして英語の習得には、3000時間が必要とされています。先ほどスマホアプリのゲームは時間をツブしてしまう良くない使い方として紹介しましたが、英語やそのほかの勉強に使えるゲームアプリもあるようですので使い方次第で楽しみながら自己成長につながるスキルを習得できる、まさに一石二鳥の強力なツールになりそうです。

20161124id_blog_2

フェイスブックや、ツイッターに代表されるSNSも迅速な情報収集を可能にしてくれるツールと言えます。また、自ら情報を発信することも簡単に行え仕事上の人間関係の構築や、自己PRにも利用することが可能です。しかし、流れ込んでくるたくさんの情報をただ眺めてしまっているだけになってしまうとゲームと同じく時間をツブしてしまう結果になりかねません。また、自ら愚痴や社内の出来事を書き込むことは、厳に謹んでいくべきです。SNSへの投稿は非常に簡単、気軽に行えるのですが、共有、拡散も簡単に気軽に行われます。どこかで誰かがあなたの投稿を拡散して、それがあなた自身や周りの人、もしかすると全く知らない人を傷つけてしまうことがあります。もし信用を無くしてしまうとどれだけ時間をかけても取り返しがつかないことになってしまいます。

やっぱり読書はおすすめ

SNSや、ニュースアプリは最新情報を得るにはとても便利です。しかし、あまりにもたくさんの情報があります。そして中には間違っているものや嘘も混じっています。こうした情報をどれが自分にとって必要なもので、どれが正しくどれが間違いなのか判断することはむずかしくなってきています。書籍であれば欲しい情報がまとまっており、関連する情報も無駄なく収集することができます。名著と呼ばれるものは、情報が古くても物事の本質が書かれているので、これらを読むことで、目先に惑わされない不動の自分を作り上げることができます。スマートフォンで電子書籍を利用すれば、ぶ厚い本を持ち歩くことなく、狭い場所でも手軽に読むことができますし、アマゾンなど多数のレビューが集まるサイトを見れば良書かそうでないかを見分けることも簡単になってきています。

20161124id_blog_3

スキマ時間を余裕に変えよう

1分のスキマもないような、緊迫した時間の使い方というのは、逆に仕事のクオリティを下げてしまいます。人間の集中力の限界というのは90分ともいわれていますから、適時に休憩をとることは、回り道のようですが、むしろ業績を向上させてくれる方法なのです。ここで必要なのは休憩や、自分のための少しの時間の隙間をつくる“余裕”です。

このブログでも何度か述べてきたことですが、まず大事なのは時間の有限性に気付くことです。そのためには時間管理を適切に実行して、スキマ時間を有効に活用していく姿勢が欠かせません。日々の時間に振り回されるのではなく、むしろ時間を自らコントロールしていってこそ、誰からも頼られるビジネスパーソンとなることができるのです。まずは目の前のスキマ時間を逃すことなく、こつこつと自身の成長のために利用していきましょう。自分が成長、スキルアップすればスキマ時間が増えてくるはずです、増えたスキマ時間を有効活用すればさらに自分を成長させることができ、ますますスキマ時間は増えていきます。このサイクルを回していけば、“スキマ時間”は“余裕”へと変わるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket