TOPICS

ペルレ – PERRELET – ブランドストーリー

ペルレPERRELET

創立240年を迎える自動巻きシステムのパイオニア

ペルレは創立は1777年で240年の歴史を持つ老舗時計メーカーです。

ペルレの時計をご存知の方は“ダブルローター”のモデルを思い浮かべるのではないでしょうか?その名の通りローターを2つ搭載しているのですが、一つは文字盤上に配置されていて着用しているときでもローターの動きを確認する事が出来ます。

この文字盤上に配置されたアッパーローターにペルレの自動巻きへの強いこだわりが感じられます。

なぜペルレが自動巻き時計にこだわるのか?

それは創立者アブラハム=ルイ•ペルレが自動巻時計の発明者であるからです。アブラハム=ルイ•ペルレはその後も様々な発明、改良を繰り返し時計業界に革新をもたらしました。

ただ、ローター式の自動巻は懐中時計が主流だった時代には充分な動力を得ることができなかったため実用的ではありませんでした。このペルレ式の360度回転式の自動巻時計の機構の価値が評価されるのは腕時計の時代になってからでした。

現代に受け継がれたパイオニア精神と技術力

現代のペルレの腕時計は全てのモデルに自動巻ムーブメントを採用しています。

1995年にはダブルローターを搭載した「ディプテロス」というモデルを発表し、高い技術力と独創性が現代にも継承されていることを証明しました。

さらに、2013年にはタービン効果を組み込んだ「タービンクロノ」を発表。続いてトゥールビヨンとタービンを組み合わせた「タービヨン」モデルを発表し、時計製造メゾンとしてのさらなる進化をみせています。

スケルトンのモデル以外で文字盤の中で針以外の動きがあるものがある腕時計は少なく、その動くものが機械の一部であるものはさらに限られるのではないでしょうか?

ダブルローター、タービンシリーズなど“自動巻”というブランドのアイデンティティを活かしたデザインは他のブランドにはない個性を生み出しています。

今回ご紹介したブランド

ペルレ ダイヤモンド フラワー

こちらのモデルはダブルローター搭載のレディースモデルです。ベルトに傷があるためアウトレット価格で販売中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket