メンテナンスの方法

腕時計の日常のお手入れについて

時計の裏蓋やベルトは肌着類と同様に直接肌に接しているので汗や汚れが付着しやすくなっています。
汚れたままにしておくとさびて衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因になったりすることがありますので、常に清潔にしてご使用ください。
時計をはずした時は、柔らかい布などで汗や水分をふき取るだけで、時計の裏蓋、ベルト、およびパッキンの寿命が違ってきます。

リューズ・プッシュボタンのお手入れ

時計を長期間使い続けると、リューズやプッシュボタンの回りに汚れが溜まり、操作ができなくなることがあります。
日頃からリューズを空回ししたり、プッシュボタンを押すなどの操作を心掛けて、汚れが付かないようにしてください。

ベルトのお手入れ

時計の本体やベルト(金属・皮革)は、汚れやさび(錆)などにより、衣類の袖などを汚したり、皮膚が弱い方は、アレルギー反応により、かぶれる場合がありますので、常に清潔にしてご使用下さい。
又、時計本体とベルトとの接合部や金属バンドの駒の接合部に使用しているピンが錆びると、ベルトが外れたり時計が脱落したり、稀に怪我をすることがありますのでご注意ください。

メタルベルト(金属バンド)のお手入れとご使用についての注意

メタルベルトは、ステンレススチール製でも水や汗・汚れをそのままにしておくと、さびやすくなります。
お手入れが悪いと、かぶれ、ワイシャツのそで口が黄色や金色に汚れる、バンド切れなどの原因となります。
また、チタンベルトでもピン類に強度に優れたステンレススチールが使用されているものがあり、ステンレススチール部分からさびが発生することがあります。
さびが進行すると、ピンの飛び出しや抜けが発生し、時計を脱落させてしまうことがあります。また、逆に中留がはずれなくなることがあります。
万が一ピンが飛び出している場合は、けがをするおそれがありますので、ただちに使用をやめて修理をご依頼ください。
汗をかいた時や水に濡らしてしまった時は、柔らかい吸湿性の良い布などで良く拭き取った後に、通気性の良い場所に置き、密閉した容器には入れないでください。
又、時々柔らかい歯ブラシなどにより、中性洗剤を水で薄めた液や石鹸水でバンドを洗って、良く手入れをして下さい。 この時、防水タイプでない時計は、時計の本体に水がかからないようご注意下さい。

革ベルトのお手入れとご使用についての注意

皮革ベルトも、同様に汗をかいた時は、柔らかい吸湿性の良い布などで良く拭き取った後に、通気性の良い場所に保管し、良く乾燥させて下さい。
皮革バンドに揮発性薬品、漂白剤、アルコール成分が含まれる物質(化粧品など)が付着しないようにしてください。色落ち、変色、早期劣化の原因となります。また、直射日光などの強い紫外線も変色や変形の原因となりますので、ご注意ください。
皮革バンドは自然素材のため磨耗や変形、変色などの経年劣化があり、定期的な交換をする必要があります。また、革ベルトは使用しなくても徐々に劣化する性質があります。
時計本体が10気圧防水以上になっているものでも、皮革バンドは、入浴や水泳・水仕事でのご使用はお控えください。

ウレタンベルトのお手入れとご使用についての注意

ポリウレタンなどの合成ゴムベルト及びプラスチックベルトは、ひび割れや切れ、材質の劣化に気をつけてご使用下さい。
光で色があせたり、溶剤や空気中の湿気などにより劣化する性質があります。また、使用しなくても長期間の保存で徐々に劣化する性質があります。
半透明や、白色、淡色のポリウレタンバンドは光による色褪せのほか、汚れや、他のものからの色の吸着による変色(色移り)が生じることがあります。色落ちする衣類やバッグ等とこすれると、色が移ることがありますのでご注意ください。
水がかかったり、汗をかいたときは、柔らかい乾いた布でふいて乾かしてください。
時々柔らかい歯ブラシなどにより、中性洗剤を水で薄めた液や石鹸水でバンドを洗って、良く手入れをして下さい。その際、時計本体に水がかからないようにご注意ください。
弾力性がなくなったら取り換えてください。そのまま使い続けるとひび割れが生じ、バンドが切れやすくなります。

液晶パネルのお手入れ

液晶パネルには寿命があり、約8年(約7万時間)がすぎますと、数字や文字が不鮮明になったり、読みにくくなってきます。また、電池の寿命が近づいたときも、数字や文字が不鮮明になったり、読みにくくなることがありますので、まず電池交換を行いご確認ください。
液晶パネルは0℃以下の温度になりますと、秒などの表示の動きが一時的ににぶくなることがありますが、これは不良ではなく低温になると液晶のねばりけが強くなり、反応が遅くなるためです。常温になると普通の動きに戻ります。
液晶パネルは約60℃を超える高温になりますと一時的に真黒になり表示が見えなくなることがあります。これは、液晶(固体と液体の中間のもの)が液体になるために黒くなって見えるためです。不良ではなく、常温になると、もとの表示にもどります。
液晶パネルは過度の高温や低温は寿命に影響しますのでお避けください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket