腕時計基礎知識

日本製の腕時計の魅力

世界で高い評価を受けている日本の腕時計

クオーツを生み出した日本の技術

時計の歴史は古く世界最古の時計ブランドはスイスであり、そこから波及して世界中に広がったのが始まりです。日本で時計が製造されたのは1892年とそれほど昔ではなく、腕時計に至っては1915年からとなっています。時計の技術自体は後発となりましたが、腕時計の開発自体は世界でもほとんどかわらず、凝り性である国民性から細かいパーツで組み込まれた時計を日々研鑽しながら仕上げていきます。
国産の時計は遅れているのではないかと感じるかもしれませんが、実はそれほど遅いものではなく、何より水晶振動子によって正確な時間を刻むクォーツ技術を取り入れた時計の歴史を切り開いたのは日本です。歴史的なパイオニアとなって世界に進出し、精緻を極めた腕時計技術は世界中で高い評価を受けています。

20世紀には時計製造技術が大幅に躍進し、クォーツ時計を始め世界各国で新しい技術が生まれていきましたが、日本は精度において他の追随を許さず目覚ましい技術の革新を繰り返しています。高機能と高精度を誇るハイエンドだけでなく、庶民でも手軽に購入することのできたコストパフォーマンスに優れるローエンドでも国産のムーブメントが使用されています。

japan

高品質でコストパフォーマンスが高い!

世界初のクォーツ腕時計を皮切りに電波時計や光時計といった機械式の技術を生み出し、さらに座標を割り出して正確なタイムゾーンを測るGPS時計にまで発展します。実に貪欲に最先端の技術を取り入れる様は世界でも類を見ず、世界に誇る優れた分野とも言えます。誰もが名前を知る国内メーカーは海外でも評価が高く国内ではあまり知られていませんが、高級時計として取引されているようです。

テレビや雑誌などで紹介されたり海外のセレブや著名人が使用しているスイス製の時計は、目が飛び出すほどの高級品で庶民では手にすることも不可能なものが多いです。デザインも凝ったものからシンプルなものまで、シックなものからカジュアルなものまで実に様々なものが販売されています。対する日本では文化の違いから、その象徴とも言える生真面目さからクラシカルなモデルが多数となっています。消費者の支持によって方向性が定まったことから大人しい雰囲気を出すばかりのデザインですが、中にはGショックのような大味のあるものも作られ、見た目だけでなく高い機能性が受け入れられることもあるようです。海外でも人気を博しており、Gショックのようなラフなものがあれば、和の伝統工芸に近い文化的なデザインのものまで作られています。

高品質でありながら目が飛び出るような値段設定はなく、高級品でも中流階級であれば十分に手にすることができるものばかりが国産ブランドの強みとなっています。誰もが手にして気軽に時間を確認できる、ビジネスにおいてファッション性を引き出すことができるなど海外の時計愛好家から大きく評価されています。外観はシンプルなものが多い中で、正確性のあるムーブメントを持ち高い機能性があるのが魅力で、他人から見るとさり気ない存在感に目を奪われる人も多いと言われます。特にスタンダードクラスと呼ばれるモデルが人気で、愛好家はこの価格帯の時計を多く所持しているようです。

逆輸入モデルがねらい目

現在は国産ブランドが多く溢れかえっている時計業界ですが、実は海外に販売するためだけのモデルも存在します。海外ブランドからの輸入品に混じって、海外用の輸出品が戻ってきていて逆輸入により購入できるようになっているのです。戻ってきたと言っても売れなかったので返されたというわけではなく、需要と供給によって日本の市場に流れた方が良いと判断されたものです。通常なら10万円はするような高級モデルでも、逆輸入によって入ってきたものは若干安くなっていることがあり数万円で取引できます。同じモデルで同性能だとしても価格が安く手に入ったり、文字盤などのデザインが異なっているなど個性的なものも存在するようです。逆に海外での愛好家は輸出品よりもオリジナルの国内産を求めることが多く、オークションや国内のサイトで直接購入することもあります。旅行に来た時でも時計店に入ってメイドインジャパンを選ぶこともあるので、この辺りは世界的に人気があることを窺い知れます。

機能性、信頼性、コスパ。3拍子揃ったジャパンメイド

海外ブランドのクォーツはメイドインジャパンとしてムーブメントが流用されていることが多いので、さすがに故障することは滅多にありませんが、外装はその国の技術がそのまま生かされているため、防水性能やバンドの耐久性などには不安材料が残っています。また、ムーブメントが国産のものでない場合は動作にも信頼性に欠け、時刻が1日で大きくズレたり酷いものではリュウズががたつくなどの問題も少なくありません。数百万もするような高級時計ならいざ知らず、1万円前後のものでは故障や不具合が起こってもおかしくないのが海外ブランドと言えます。こうした信頼性や安定性に関しても日本がトップクラスとなっているので、デザインで選択するのであれば好みが分かれますので別ですが、機能性を重視するなら国産ブランドが信頼できると言えます。当店でも様々な腕時計を販売してきて国産ブランドの時計は故障して修理になるケースが少ないという実感があります。これはクオーツだけでなく機械式時計にも言えることで後々のメンテナンス費用を考慮しても日本製の腕時計はコストパフォーマンスが高いといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket