腕時計基礎知識

腕時計の文字盤の色の選び方

腕時計の文字盤の色の選び方

腕時計は、人生の門出に贈ったり、贈られたりする機会の多いアイテムです。
これから社会人になる方で、時計は携帯電話という方は、
初めて買う時計についてあれこれ悩んでいる人もいると思います。
フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、腕時計も使い分けましょう。
メンズ時計の印象を大きく左右するのは腕時計の顔とも言える文字盤です。
そんな時計選びのポイントとなる文字盤の色についてお話しします。

メンズ時計の文字盤の色選びのポイント

腕時計といえは、ビジネスマンには不可欠なアイテムの一つです。
腕時計は、袖からちらっと見えるだけであっても、その人の印象を大きく左右するアイテムです。特に文字盤は面積が大きい分、その印象に大きく影響を与えます。
金色の文字盤などは、ビジネスマンがしているとなんだか嫌みな感じがしますし、あまりにカラフルで個性的な色合いだと、相手にいい印象を持たれない場合が多いかと思います。
時計の文字盤の色に困ったらまずは白か黒を選ばれる事をお勧めします。
注意点としては「文字盤の腕時計をビジネスの場で身に着ける場合は、カジュアルになりすぎないように本体のデザインがシンプルなものを選ぶようにする」ということです。
冠婚葬祭など、フォーマルの場では白の文字盤の腕時計を選びましょう。それ以外は好みで選んで大丈夫です。

白文字盤腕時計

清潔感のあるシンプルな「白」

一般的に、白い文字盤は色黒の方に似合うとも言われていますが、それ以外の方にもやはり好印象を与える白はおすすめです。白いワイシャツとの色合いの相性もいいですし、なによりシンプルな白い文字盤の時計は、相手に清潔感と誠実な印象を与えます。
自分にとっても「白地に黒の文字」というのは慣れ親しんだ色合いで、ぱっと見ただけで時間が認識しやすくなるという利点もありますね。
また、結婚式や葬儀などのフォーマルな場では、出来るだけ白の文字盤の時計を着用するようにするのが一般的なマナーです。
社会人であればスーツを着ることも多いでしょうし、冠婚葬祭などの時にもカラフルな腕時計はつけないので、1本白文字盤の腕時計を持っていると安心です。

黒文字盤腕時計

シックでかっこいい「黒」

黒い文字盤の時計は、「シック」や「カジュアル」「クール」といったおしゃれな印象を持たれる事が多いと思います。
ビジネスシーンでも、そこまで真面目さ、実直な雰囲気を必要としないラフな職場、又はセンスが問われるような職場であれば、返って好印象を与える場合があります。

青文字盤腕時計

センスの良さをアピールできる「青」

ここ数年、ネイビーの文字盤が増え、徐々に人気を高めています。
明るいブルーの文字盤の時計がさまざまなブランドから発表され、見事定番としての地位を確立したのがブルーの文字盤です。
白文字盤のように爽やかさもあり、黒文字盤のようにクールさもある、両方の良いとこ取りの青文字盤。
さり気ないおしゃれ感、そして個性もあり、腕もとに華やかさを加えてくれます。アクセサリー感覚で身に着けて頂けますので、腕時計に慣れていない男性でも安心して身に着けて頂けます。
堅いビジネススタイルに若々しさをプラスし、好印象を得ることが出来ますのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket