腕時計用語集

裏蓋 case back 時計用語

裏蓋(ケースバック)case back

時計の文字盤の反対側にあり、ケースを塞ぐための部品。湿気、埃などの内部への侵入を防ぐ役割を果たす。

はめ込み式のスナッチバックと、ねじ込み式のスクリューバックなどがあり、スクリューバックは高い気密性が得られる。

中央部がサファイアクリスタルやガラスになっていて中身の見える仕様になっているものをシースルーバック、裏スケと呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket