時間 コラム

短時間で形成される、第一印象。勝負は、3~5秒!

今後の付き合いを左右するたったの5秒!

第一印象は視覚からくる印象が大きい。

友人関係はもちろん、ビジネスや恋愛においても、大切なのが「第一印象」。アメリカの心理学者、アルバート・メラビアン氏は、人の第一印象は3~5秒で決まるとしています。ほんのわずかな時間で人の第一印象が決まり、それによって人と人との関係が上手く行くか否か大きく左右してしまう……。心理学では、これを「初頭効果」といい、そして、その印象は長く持ち続けられる傾向にあります。

人生は、多くの人との出会いの繰り返しなのですから、「初頭効果」が大切なことは言うまでもありません。3~5秒という短い時間の中で、相手が何を見て第一印象を形成するのかは、相手の表情、髪型、服装、姿勢、体型、話し方、声色などの総合評価です。1つ目が、見た目や表情といった「視覚」。2つ目は声の質や大きさなどの「聴覚」。そして3つ目が話の内容の「言葉」で決まるとされています。占める割合が最も高いのが、視覚で55%。残りの聴覚は38%、言葉は7%とされています。

20161007id_blog_3

第一印象が劇的に良くなる、3つのポイント

  1. TPOに合わせた服装
  2. もっとも重要なのがその場に合った服装と、清潔感です。髪型はこざっぱりと整え、爪を切り、歯をよく磨きましょう。意外とイメージをダウンさせてしまうのが、シャツのシワを気にしない人、スーツのサイズが合っていない人。また身だしなみは十分ですが、取引先にもブランドバッグや時計などを持っていく人は、精神年齢の低さを感じさせてしまいます。

  3. 明るい印象
  4. 人は誰でも初対面の相手に対する不安感を持っています。 その不安を除くポイントは、あなたの表情です。無表情だったり、目を見ないで挨拶した場合は、第一印象が悪くなります。初対面の方に安心感や親近感を抱いてもらえるよう、自然な笑顔を心がけましょう。自然な笑顔は、目に力を入れずに相手を見ながら、やさしく口角を少し上げて微笑むようにすると効果的です。

  5. ハキハキとした応答
  6. 聞き取りやすいはっきりした声で、相手の目を見て話すこともとても大切です。初対面では、気の利いた会話が、なかなかできないものですが、こちらが相手に興味をもっていることが伝わるような言葉のキャッチボールを心がけたいものです。 話しかける際に、さりげなく相手の名前を呼ぶようにすると、相手はあなたに親密感を持つようになります。また、目だけではなく体全体を相手に向け、話を聞くことも大切です。相手がたとえ間違ったことを言っても、それを直接的に否定せず、まずは相手を受け入れる姿勢を見せるようにしましょう。
    対話の際には、相手がどんな価値観を持ち、何を重視しているのかを把握するよう、心がけましょう。次回以降に会う際、取るべき距離感を掴む参考になります。

20161007id_blog_1

第一印象は、文字通り最初が肝心。

もしも第一印象が悪かったら、挽回するのに膨大な時間が必要となります。一度きりしか会わない場合は、なおさら。まさに一発勝負です。やり直しはきかないと心得て。たかが5秒、されど5秒。これからの人間関係を左右する、この短い時間を大切にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket