腕時計 コラム

腕時計のコピー商品、偽物の見分け方

copywatch

スーパーコピーに注意

世界中で高額な腕時計が多数販売されており、1つの時計で数百万円するものやそれ以上の値段がつくものなど色々と存在します。そうしたこともあり、偽物が出回ることも多く、質屋などで見せたら実は偽物だったということもたびたび起きています。こういった偽物のことをスーパーコピーと称されており、スーパーコピー専用の腕時計ショップがネット上に存在するなど、コピー商品だとわかっていて購入する人も中にはいます。しかし、ブランド物の腕時計をコピーだと分かって購入する場合には処罰の対象となる恐れがあるため、できるだけ避けることが求められ、注意喚起が行われています。腕時計を購入する際には本物かどうかの見分け方を知っておくことが大切になります。
今回はスーパーコピーを見分ける方法をご紹介します。

見比べるとわかる違い

スーパーコピーも本物も、見た目だけではすぐに本物かどうかを見分けることはできません。しかし、両者には細かな部分で決定的な違いが見られます。まず、本物を作っている職人はその道で働き続ける一流の職人です。偽物を作っている職人は一流の職人はほとんどおらず、そのほとんどは二流以下の職人です。本物に似せようといくら頑張っても、細かなところでほころびが出てしまい、その部分を見ていれば見分けることは可能です。写真などで判断するとなかなか本物と偽物を見極めることは難しいですが、実際に本物とコピー商品を並べてみるとその違いが一目瞭然であることがほとんどです。外観は完璧にコピーできていたとしても、その内部やベルトの部分などが安っぽいことがあります。腕時計のベルトだけを見ても、穴の位置や穴の大きさ、ベルトの材質などに違いが見られます。ただし海外の時計ブランドは仕様変更することが度々あります。制作時期によって多少のデザイン、使用しているパーツの変更などがあることもあります。

本物は全体的に鮮明であり、スーパーコピーは全体的にぼやけているというのがざっくりとした見方になります。時計の文字盤を鮮明にするには高度な技術を要するため、こうした部分に職人としての技量の差が出てきます。同じようにコピーを作ろうとしても、技術がないため、それをどう真似るのかもあまりわかっていないからこそ、不鮮明になってしまいがちという特徴があります。また、時計の数字に塗られている蛍光塗料なども、本物はバランスがよく、偽物はバランスが悪く描かれています。

手っ取り早い見分け方としては実物を見比べるという方法です。しかし、まず本物を知っていることが前提ですし、スパーコピーのショップ上で公開されている写真は写真だけ本物が使用されていることも多く、現実的には難しいと思われます。

裏蓋に刻印されているケースナンバーのチェックは必ずしましょう!

表面の見える部分のチェックはもちろんですが、裏蓋などの見えない部分は特に注意深く見る必要があります。保証書に記載されているケースナンバーと裏蓋のケースナンバーが一致するかどうかは本物と偽物を見分ける最も有効な手段です。裏蓋を変えない限りは番号は変更されません。中古の時計を購入する際にはそのあたりの部分を見ることができるのであれば確認をしておくことが大切です。こうしたナンバーは自分だけのものであり、世界に2つもありません。そのため、ナンバーが違っているという場合にはコピーであるということを疑わなければならず、実際に販売された店や警察への連絡が必要になってきます。

コピーウォッチ

コピー商品と知って買わない!売らない!

こうした腕時計を詐欺の材料に使うケースも見られます。例えば、高級時計を販売することを謳ったサイトやネットオークションでの取引において用いられ、届いた商品を鑑定に出したらスーパーコピーだったということがあり、世界的にこうした犯罪は広がっています。また、質屋などに平然と持ち込み、コピーだと発覚したら自分は全く知らなかったという形で振る舞い、別の店に持っていき、お金をだまし取ろうとするというケースも組織的な動きとして出ています。こうした動きは質屋などの横のネットワークで報告されており、何も知らずに売りに行ったら警察に捕まるということもあります。もし、万が一コピー商品を買った場合でもそれを売りに行くということは絶対にしないようにしましょう。

購入前に写真をおくってもらおう!

楽天やヤフーショッピングに出店している有名店が偽物をつかまされ、知ってか知らずか販売してしまっているといったことがあったようです。また、時計ではありませんがあるブランドの偽物が百貨店で売られてしまいニュースになっていました。プロの鑑定士でも見抜くことのできない本当に精巧に作られたコピーも出回るなど、素人がそのすべてを見抜くというのは極めて厳しいものがあります。

素人でも比較的簡単にできることは裏蓋と保証書のケースナンバーの確認を行うこです。

もし、インターネットでの購入を検討している場合、可能であれば実際に購入しようと思っている商品の写真を送ってもらいましょう。ダイアルなど表側の写真はもちろんですが、ケースバックの写真と、保証書の画像を送ってもらいましょう。メールや電話で何度かやり取りできますのでお店のスタッフの応対品質も確認することができます。もし断られるようなら、そちらのショップでの購入は控えた方がいいかもしれません。

いずれの場合にしても、高額な買い物であることから慎重に購入することが大切で、慎重な判断が求められます。そしてコピー商品と知ったうえで購入してしまったり、売ってしまったりするのは犯罪、または犯罪に加担する行為であることを忘れてはいけません。

当店では写真撮影サービスを行っています。在庫がある時計に関してはすぐに写真を撮って実際に手元に届く商品を確認していただくことも可能です。もちろん無料でので気になっている時計があれば是非お気軽にご利用ください。

アイデアル写真確認サービス