腕時計ブランドヒストリー

チュードル – TUDOR – ブランドストーリー

チュードルTUDOR

ロレックスならではの高い技術力と気品を宿したディフュージョン・ブランド。

TUDORは、スイス時計の名門、ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフによって、1930年にイギリス・ロンドンで創業された時計メーカーです。

当時ロレックスは、世界初の完全防水を誇る「オイスターケース」や360度回転式ローターを採用した自動巻き上げ機構「パーペチュアル」を開発するなど、その高い技術力で、高級時計メーカーとしての地位を不動のものにしつつありました。しかし高額であるがために、庶民の手に届くはずもなく、なかなか一般に受け入れられていない状況でした。 そこでロレックス社が、市場拡大を目指し、その高級ブランドイメージを守りながら、よりリーズナブルな価格で新たに登場させたのがTUDOR。TUDORの名は、英国で受け入れられやすいよう歴代5人の王を輩出した英国王室の名門「チューダー家」にちなんで名付けられました。 ロレックスよりも安価でありながら、同様に高度な技術が使用されたTUDORは広く受け入れられ、英国の多くの時計ファンを魅了しました。

TUDORの最大の特徴は、ロレックスと共通のパーツが多く使用されたディフュージョン・ブランドであることです。とくにアンティークモデルでは、王冠マーク(現行では盾マーク)が入ったオイスターケースやねじ込み式リューズ、ブレスなど細部のパーツに至るまで、ムーブメント以外のほとんどの部分にロレックス製のものが使われていました。(ムーブメントにはより安価なETA社製のエボーシュを採用)。

TUDORのロゴマークは「チュードル・ローズ」と呼ばれるチューダー家のバラと盾をあしらった紋章を模したものでしたが、1970年代に盾のみの形に移行されました。創設当初のモデルに採用された「小バラ」、その後登場した「デカバラ」などの愛称で親しまれるバラのマークは、年代によって花びらや葉の形が微妙に異なり、マニアの間では人気の高いポイントとなっています。ロレックスと同じ「サブマリーナー」の名が与えられたダイバーズ・モデルは、メンズ、ボーイズ、ミニ、レディースとロレックスにはないサイズバリエーションが魅力。現在は、日本でも時計愛好家の間ではよく知られていますが、まだまだ一般には馴染みの薄いTUDOR。 ロレックスに魅力を感じておられる方には、ぜひおすすめのブランドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket