腕時計ブランドヒストリー

エポス – EPOS – ブランドストーリー

エポス ブランドヒストリー

エポスEPOS

機械式ムーブメントに徹底的にこだわりながら、斬新でアーティスティックな意匠で魅せる。

EPOSは、1983年、スイスの機械式時計の重鎮と呼ばれていたピーター・ホッファーによって、スイス・ビエンヌで創設されました。

EPOSの技術的ベースの起源となったのは、1925年にスイスのジュウ渓谷に時計工場を設立した技術者、ジェームス・オベールの存在でした。「Valjoux社」と「Landeron社」で伝統的な時計製作の技術を身につけたオベールは、独立後にクロノグラフとミニッツリピーターの研究を重ね、「複雑時計のスペシャリスト」として知られていました。その知識と高度な技術を受け継いだ義理の息子ジャン・フィロンが、EPOSに在籍することになり、その高度な技術が生かされることになったのです。

ホッファーは、80年代初期、クォーツの台頭とともに大打撃を受けていたスイスの機械式時計業界にありながら、機械式時計の未来を信じて疑わず、妻エルナとともに1983年、機械式時計を専門に製作する会社Montres EPOS SA.を設立。ホッファーの思いは「一人でも多くの人に機械式時計の魅力を理解してもらう」ことでした。

2005年には「フライングトゥールビヨン」を発表、2007年には「センタースモールセコンド」や両面スケルトンの「ポケットウォッチ」などが世界の時計愛好家たちの胸を踊らせました。近年、バーゼルワールド2014で、時・分・秒を表示する針を独立させた「エモーションリミテッドエディション」、24時間かけて ダイヤル上を1周する自社モディファイムーブメントを搭載した「エモーション24H」を発表。バーゼルワールド2015では、12時位置(60分)に分針が到達すると 瞬時に0時位置(0分)にジャンプするユニークな「オリジナーレ ダブルレトログラード リミテッドエディション」モデルを発表。確かな技術力に裏打ちされたEPOSならではのラインナップを勢力的に打ち出しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket