腕時計 コラム

カシオ – CASIO – ブランドストーリー

casioブランドヒストリー

カシオCASIO世界が認めたチャレンジ精神と遊び心

電子計算機からはじまる歴史

人気の腕時計ブランドであるカシオの歴史は、1946年までさかのぼることができます。はじめは小さな下請け工場とした誕生しましたが、1954年に日本で初めての電子計算機を完成させ、株式会社を設立しました。その後も数々の技術を生み出し続け、市場をリードするメーカーとして成長を続けていきます。
やがて時計業界へと参入するようになり、最初の腕時計であるカシオトロンを発表します。この製品には、通常の時計機能だけでなく、オートカレンダー機能も搭載されています。閏年の調整なども自動で行う優れた製品として、発売当初から大きな注目を集めました。

G-SHOCKの誕生

その後、1983年には代表的な人気作であるG-SHOCKの第一号が発表されます。当時の日本の腕時計トレンドは、軽く薄く、洗練されたデザインへと傾倒していたといわれています。しかし、そんな中で発表されたG-SHOCKは、全く違った方向性を持っていました。
G-SHOCKの特徴は、なんといってもその堅牢さにあり「ビルから落しても壊れない」という製品でした。当然、外観も当時のトレンドとは違い、厚みがありゴツゴツとしたデザインが採用されています。

発売当初にはあまり注目を集めませんでしたが、その後ファッションのトレンドが変化するにつれ、再評価を受けることになります。スポーティなデザインとして若者を中心に受け入れられるようになり、大きな人気を獲得しました。やがて、腕時計業界に「耐衝撃」という新しいジャンルを、生み出すことになったのです。
G-SHOCKは特殊なウレタン樹脂によって、内部のモジュールを保護し、高い耐衝撃性能を獲得しています。日本だけでなく海外においても高い評価を受け、軍人にも愛用されるなど、知名度を上げていきます。やがて、時計のトレンドの中心的存在となっていき、他社からも丈夫さを売りにしたスポーツウォッチなどが発売されるようになりました。
人気の高まりを受け、1994年には女性向けのG-SHOCKも発売されています。Baby-Gと呼ばれるそのシリーズは、これまでのG-SHOCK製品とは異なり、ポップなカラーリングが特徴的となっています。

それまでのG-SHOCKは比較的安価で、手にしやすい製品として人気を集めましたが、やがてプレミアムモデルも発売されるようになりました。高い性能と高級感あふれる外観は、G-SHOCKファンを強く惹きつけ、話題となりました。最高峰とされるモデルはMR-Gシリーズであり、カシオの最新技術が詰まった逸品として、注目を集めています。専用のモーターモジュールを搭載し、安定した駆動を実現しているほか、6局電波受信を一コントロールする高性能LSIも採用されています。パーツは切削加工によって造形され、力強さと上品さを併せ持つデザインが実現されています。G-SHOCKらしいタフネスイメージはそのままに、高級感と質の高さを感じさせる腕時計となっています。

g-shockイメージ

海外でも評価される品質

G-SHOCKの人気は海外でも非常に高く、ネットショッピングモールのレビューでも高評価を獲得しています。中でも最も高く評価されているのは、Men’s Classic G Shock Watchであり、その性能とコストパフォーマンスの良さが、人気の理由となっています。クラシックなデザインと、突き詰められた機能美を持つモデルであり、ハリウッド映画で人気俳優が着用したこともあります。この時、映画のタイトルから「スピードモデル」という呼び名も生まれました。

高い名声を得て、日本の時計業界を代表するブランドとなったカシオですが、その歴史はチャレンジと遊び心にあふれています。これまでにない新しい製品を生み出していく、そのパワーがすべての、始まりだったのではないでしょうか。代表的な腕時計、G-SHOCKは市場に新しい価値観を生み出した存在でもあります。同時に、ただ新しいというだけでなく、しっかりとした技術に支えられているからこその、成功だといえます。

新しい価値観を生み出し続けるブランド

これまでに発表された製品のすべてが、G-SHOCKのように受け入れられたというわけではありません。一時期は流行しても、やがて時代の流れとともに忘れ去られていったモデルもあります。しかし、近年ではそうした当時の製品についても、再評価する流れが生まれているようです。計算機や辞書機能などを取り入れた、遊び心あふれる当時の製品が、再び注目を集め始めています。現代から見るとレトロさが感じられるデザインも、魅力の一つとなっているのでしょう。懐かしさと新しさを感じさせるアイテムとして、若い世代から注目を集めています。2015年から2016年にかけてはチープカシオと呼ばれるシンプルな格安モデルが人気を博しました。

計算機から始まったカシオの歴史は、世界的なブランドとして名声を受けるまで、一貫してチャレンジ精神に満ちています。次々と新しい価値観を生み出し続けるブランドとして、高性能な製品を提供し続けるメーカーとして、これからもその人気が衰えることはないでしょう。