腕時計基礎講座

腕時計の防水機能について

防水時計の誤った使用は、非常に危険です。
時計の防水性能や機能を必ずご確認いただきき「取扱説明書」に従って、正しくご使用下さい。
ダイバーウオッチ(潜水時計)と表示された時計を除いて、スキューバダイビングや潜水には絶対に使用しないで下さい。

非防水時計

防水処理が全く施されていない時計です。
水気のあるところに時計を近づけない注意が必要です。
直接、水に触れないよう注意してご使用下さい。

日常生活防水(3/5気圧防水)

「30Mの水圧に耐えられる」という事で実際に「30M潜れる」という意味ではございません。
実際には水飛沫がかかっても大丈夫な程度です。
日常生活での汗や洗顔のときの水滴、雨などに耐えられるものですが、水仕事、水上スポーツ、素潜り(スキンダイビング)、潜水には使用しないで下さい。
水圧の変化が激しい条件では使用しないで下さい。

10気圧(100M)防水

「100Mの水圧に耐えられる」という事で実際に「100M潜れる」という意味ではございません。
多少の水が掛かっても大丈夫ですが、水中での運動、海など波のある場所などの水圧には耐えられません。
ある程度水がかかったり、浸ったりしても大丈夫という程度です。普段の生活で使う分には問題ありませんが、水深100Mの水圧に耐えられるという意味なので、水圧が大きくなる洗車、波の衝撃を受ける可能性のある海、競泳プールなどでの使用は避けましょう。

20気圧(200M)防水以上

「200Mの水圧に耐えられる」という事で実際に「200M潜れる」という意味ではございません。
この水準を満たすものがダイバーズウォッチと呼ばれるものです。潜水士やダイバーなど、特殊なシーンにおいて使用されます。
こちらの性能を備えているものは、水辺での使用も問題ないものが多数ですが、こちらも水中での運動など高い水圧のかかる場所での使用を保証するものではございません。
高圧洗浄機の使用時や高い場所からの飛び込みなど、極端に水圧がかかる場面では、防水性が機能しないこともあるので注意が必要です。

防水機能の注意点

上記いずれの防水性能でも、使用状況下によっては故障の原因となりますのでご注意下さい。

  • 温泉などの高温の場所での使用 / リュウズなどが緩んだ状態での使用 / 水飛沫がかかる(かかった)状態、水気がある場所での時計操作にはご注意ください。
  • 時計の保管状況や経年変化に伴い、本来の防水性能を保っていない場合がございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket