腕時計基礎知識

腕時計と磁気との関係

機械式の腕時計は「磁気に弱い」という欠点があります。
腕時計を毎日使用する社会人にとって、腕時計を磁気から守るノウハウや帯磁してしまった場合の対処法などは、必要な知識といえます。
腕時計と磁力の関係を説明し、耐磁性に対する腕時計の取扱い方について解説いたします。

帯磁とは

「帯磁」とは、機械式時計を強い磁力にさらしてしまうと内部の金属部品が磁気を帯びてしまい、精度が大きく悪化するというものです。
現代の生活の中には磁気があふれています。携帯電話はもちろんのこと、モーターで動く電車も磁場を作り出します。
技術者が時計を修理時に、時間が合わない原因はムーブメントが磁気を帯びているためだと気づく場合があります。
また、機械式腕時計のムーブメントは修理中に帯磁することもあります。
技術者が使用する鋼のピンセットが知らないうちに帯磁している時があり、そのピンセットでネジやヒゲゼンマイを触っているうちにムーブ自体が帯磁してしまうのです。
技術者でも気づかないうちにムーブメントを帯磁させるくらいですから、普通の使用者が時計をつけていてもまず帯磁に気づくことはありません。

帯磁の原因は

磁気を発生する機器に時計を近づけ、そのまま放置しておくと時計が故障するということはよくいわれています。
腕時計のムーブメントに使われている金属類には、いずれも磁石にくっつきやすい「強磁性体」と呼ばれる性質を持っています。
これらの金属が磁気を帯びると機械式時計は時刻の遅れが起きてしまう原因となります。
一度帯磁した金属は磁気製品を離しても「残留磁気」の影響で正常に戻らないことが多いです。
時計に限らず精密機器類、特に精度を要求される計測機器に関しては、磁気のそばに置くことは厳禁です。

一般家電製品が与える磁気の影響

帯磁の原因はさまざまです。
テレビ、ラジオ、スピーカー、ハンドバッグの留め金、磁気カード、磁気ネックレス、磁気布団、磁気マクラ、携帯電話、パソコンなど、じつにたくさんの磁気発生源が日常生活にあふれています。
機械時計の場合、一度帯磁するとそれは残ります。
そして、また何かの機会に再び帯磁してそれが残り、それが繰り返されてより強く帯磁していくこともあります。

日常生活における帯電

磁気製品に長時間密着させない限り、帯磁が起きることはまれなので、日常生活において腕時計をはめたまま家電製品などを操作する程度では帯磁を気にする必要はまずないでしょう。
また腕時計を帯磁させない対策としては「磁力は距離の二乗に反比例する」という科学の原則があるので、腕時計を保管する際にはできるだけ磁気製品から離れた場所に置くというのが一番の方法ということになります。
総合的にみるとあまり帯磁については過剰に神経質になる必要はないものと思います。
注意すべきは強力な永久磁石です。 鞄の止め具に強力な永久磁石が使われている場合があるので、これは要注意です。

帯磁の修理

では、もし腕時計を帯磁させてしまったら正常に戻す方法はあるのでしょうか。
腕時計内部の機械に帯磁した磁気を素人が完全に消去することはまず不可能です。したがって、帯磁した腕時計は、すぐに修理に出すしか方法はありません。高価なブランド時計の場合は帯磁消去の修理はかなり高額となります。
帯磁してしまった時計は専門の機械でないと取り除く(消磁する)ことはできません。
強く磁化されたムーブメントはパーツをひとつひとつ消磁機にかけて磁気を抜きますが、普通はムーブメント全体を一度消磁するだけで効果があらわれます。

クオーツ時計の帯電

クオーツ時計は機械時計と違ってあまり磁気を気にする必要はありません。
クオーツ時計はその構造上、帯磁しにくいという特性がありますが、磁気を発生する機器類の近くに放置しておくと、帯磁はしませんが、磁力の影響で正確な時刻を示すことができなくなります。そのため、取り扱いにはやはり注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket