腕時計基礎知識

ダイバーズウォッチとは

ダイバーズとは

ダイビングに適した機能を持つ時計のことです。
ダイビングに装着して、水圧が加わっても耐えうるように設計されています。
防水性能が最低でも200M以上のもので、
潜水時間を確認できる機能(逆回転防止ベゼル等)があるもののことをいいます。

ダイバーズウォッチの定義

潜水方法によって飽和潜水用と空気潜水用に分類されます。
JIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)にはダイバーズウォッチの基準が設けられておおります。

ISO規格(国際標準化機構規格) / JIS(日本工業規格)

ISO及び、JISではダイバーの安全確保の為に、ダイバーズウォッチに対して「ISO6425Therd edition-1996」、「JIS B 7023-1993」で以下の定義と要求事項を規定しています。
・定義:潜水用防水時計
少なくとも、100mの潜水に耐え、かつ時間を管理するシステムを有する時計。その1.25倍の水圧に耐える耐圧性(200mの場合は250m相当)があること。
潜水時間を管理する機能を有する。

要求事項

タイムプリセレクティング装置誤操作防止機能を有すること。
暗所において、25cmの距離から時刻や時計の作動状態が目視できること。
ISO 764 の規定による耐磁性能 (JIS B 7024 1種耐磁性能) を有すること。
ISO 1413 の規定による耐衝撃性能を有すること。
濃度3%の食塩水の中に24時間保持した後、ケース・付属品に大きな異常が無く、可動部分が正常に作動する耐塩水性を有すること。
水深30cm・50時間浸漬試験において、試験中に水中で回転ベゼルなどの操作ができ、試験後に内部に浸水せず、全ての機能が正常に作動すること。
リストバンドを締めた状態で200ニュートンの引っ張り応力に耐え、時計部品が外れたりずれたりしない耐久性能を有すること。
竜頭部に5ニュートンの外力を加えた状態で1.25倍の水圧中に10分間保持しても機能に異常が無いこと。
摂氏40度の水中に10分間、摂氏5度の水中に10分間浸し、温度変化に耐えられ、内部へ浸水しない耐温度衝撃性能を有すること。
表示圧の1.25倍の圧力を水中で2時間加圧しても内部に浸水せず、加圧中・加圧後に時計が作動している水密性能を有すること。
耐ヘリウムガス性を考慮した飽和潜水用時計についてはヘリウム混合ガス加圧試験を実施したのちに機能に異常が無いこと。

ダイバーズウォッチの一般的な機能

逆回転防止ベゼル

ベゼルにインデックスが5分刻みに記され、ベゼルを手で回転させて時計の針(時刻)に合わせて使用します。潜水作業において一目で何分潜ったかわかるようにするための機能です。セットした後に誤って回転した場合に経過時間を実際より短く読むのを避けるため、時計回りには回転しないようになっています。

ヘリウムガスエスケープバルブ

飽和潜水や潜水艦、減圧チャンバーなどの高圧下では窒素中毒を起こすために、ヘリウムと酸素の混合ガスを使用します。その時に分子の小さいヘリウムは防水として設計された時計の内部にも侵入してしまいます。このままでは減圧時、圧力が高いヘリウムは時計を損傷してしまうため、時計ケース内に侵入したヘリウムガスを強制的に排出し、ケース内外の急激な圧力差で時計ケースが破損するのを防止します。

蓄光インデックス・針

光の届きにくい深海作業での視認性を確保できるよう、一般的にはインデックス・針および回転ベゼル0分位置に蓄光塗料が厚めに塗布されています。

エクステンション機構付きブレスレット

金属製ブレスレットを採用している腕時計は通常はブレスレットの長さを任意に調節できませんが、ダイビングスーツの上から装着できるように、バックル部分に素早く任意の長さ、もしくは30mm程度の設定されている長さ分の伸縮ができる機構を持つものがあります。

ダイバーズウォッチの使用上の注意

ダイビング中に時計が止まったり、時計内に水が入ったりしないようにダイビング前に時計の状態を確認してください。

  • ダイバーズウォッチを使用しての潜水の際は、取扱説明書で指示された操作以外は絶対にしないでください。誤った使い方をされ、表示内容の正しい理解を怠ると、死亡事故または重症事故につながる可能性があります。
  • ダイバーズウォッチは主に時間経過を表示する補助計器であり、使用者の安全を保障するものではありません。安全のためダイビング用に必要とされる機器(残圧計、水深計等)を併用することが必要です。
  • 空気潜水用のダイバーズウォッチは、ヘリウムガスを使用する「飽和潜水」には絶対に使用しないでください。
  • スキューバダイビングまたは、飽和潜水の正しい訓練を受け、安全な潜水に必要不可欠な経験と技術を有し、製品の操作と取扱いを完全にマスターし、毎回の潜水前に製品をすべて点検してください。

潜水でのご使用の前に、次の項目を点検してください。

  • 時計が正常に作動しているか
  • 電池やぜんまいの残量は十分か
  • 回転ベゼルの回り具合は良好か(ゆるすぎたり、きつすぎたりしないか)
  • リュウズ等のねじをしっかりしめてあるか
  • バンドとガラスに傷、ひび等の異常がないか
  • バンドの固定は確実か(ばね棒、とめ金、その他)

※これらに異常が認められる場合は、ダイビングには使用しないでください。

潜水中の注意事項

岩などの硬いものにはぶつけないように注意してください。
水中でリュウズのねじロックをゆるめないでください。
回転ベゼルは水中ではやや回転がきつくなることがありますが、異常ではありません。

ダイバーズウォッチのお手入れについて

時計のさびや故障を防ぐためには、日ごろのお手入れや、定期的な点検が必要です。
ダイバーズウォッチの使用環境は、ケースやバンド以外に内部の機械にもその影響を与えることがありますので、3~4年(機械式時計は2~3年)に一度をめやすに、定期的な点検調整のための分解掃除(オーバーホール)をおすすめします。
また、パッキンなどの部品の劣化が進み、汗や水分の浸入などで防水性能が損なわれる場合があります。電池交換および定期調整のための分解掃除(オーバーホール)の際には、パッキンの交換もあわせてご依頼ください。

潜水後のお手入れについて

リュウズのねじロックがしまっていることを確認のうえ、バケツ等に溜めた水で時計に付着した泥・砂・海水等を洗い流し、さらに溜めた真水で塩分等をよく洗い流してください。
時計を洗った後は、乾いた布でよく水気をふき取って乾燥させてください。

日常のお手入れ

腕時計の日常のお手入れについて

ダイバーズウォッチの購入について

腕時計のアイデアルでは多数のダイバーズウォッチの取り扱いがございます。
腕時計のアイデアル オンラインショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket