腕時計基礎知識

機械式時計とクオーツ時計の精度の違い

時計の種類によって正確さも違うのでしょうか。
一般的に機械式時計よりもクオーツ時計の方が正確に時を刻みます。
時計の正確さは、日差/月差/年差であらわされます。

機械式時計の精度

機械式時計は、手巻、又は自動巻で巻き上げた「ぜんまい」のほどける力をエネルギー源として駆動し、機械的に振動する「てんぷ」の性能が主に時間精度を左右します。
「てんぷ」の振動数は、一般的な5~6ビート/秒から、ハイビート(高振動)の8~10ビート/秒までのものがありハイビートほど高精度になります。
時間精度は日差数秒から日差±数十秒のものまであります。
「てんぷ」の振動数を上げて高精度化するのは耐久性の点で困難ですが、緩急針調整装置の機構などでの機械的に微細な精度調整を行う日差±5秒レベルの高精度品のメカウオッチもあります。
機械式時計は、「ぜんまい」の巻上げ状態、時計の姿勢、温度差や外部からの衝撃、磁気 などの影響をうけて精度に誤差を生じる要因を持っています。
従って機械式時計はカタログなどに精度が表記されている場合は巻き上げ状態、時計の姿勢、温度などが一定の条件下で測定された精度であり、実際に腕につけて使用すると表記された精度に入らない場合があります。
機械式時計で精度が表記されないものがあるのはこのためです。

クオーツ時計の精度

クオーツ時計の良さとして最大のポイントは時間精度が極めて高い点です。
振動の周波数が、機械式時計の「てんぷ」の約数千倍と高周波(32768Hz)である「水晶振動子」を時間基準としているため、日差数秒が限度の機械式時計に対して、一般品のクオーツ時計の時間精度は月差±20秒のレベルです。
「水晶振動子」の高周波化や各種温度補正による高精度化、また電波修正による時刻の自動補正方式の利用など、時間精度については更なる向上が図られています。
「水晶振動子」は音叉型の振動子で温度変化に対して影響をうけますが、「ひげぜんまい」を用いて機械的に振動する「てんぷ」に比べ、衝撃や姿勢差の影響を受け難く、外的要因に対する品質の信頼性が高いので、機械式時計のように時刻のずれを気にすることなく長期間安心して使用できます。
ステップモーターを用いているアナログクオーツ、及びコンビネーションクオーツの場合は、磁気の影響を受けますので注意が必要です。
クオーツ時計は安定した電圧の電池類をエネルギー源として使用しているため、時間精度を始めとする諸機能が長期間安定して得られ、かつ電子部品を使用しているため故障率が機械式時計に比べて低く、信頼性が高い点も特徴です。

クオーツクロックの精度

クオーツタイプの掛時計、置時計、目覚時計は、特に表示のあるもの以外はアナログで平均月差±20秒、デジタルで平均月差±30秒です。
尚、日本には四季による温度変化がありますので、一年中時間精度を一定にすることはできません。そのため上記精度は気温5℃から35℃での使用を前提とした設計になっています。

クオーツ時計の方が機械式時計より高精度なのはなぜ?

クオーツ時計は電池から動力をもらい、水晶とICで時計の精度を高めています。 これに対し機械式時計は、ぜんまいの力を動力にして、小さな部品が物理的に働き合い、ひげぜんまいなどの微細な部品の調整によって精度をコントロールしています。
これらの微細な部分は温度や磁気、衝撃などの外部環境や、姿勢、携帯時間、ぜんまいの巻き上げ量といった使用状況の影響を受けやすくそれが「1日に何秒」といった時計の遅れや進みとなって現れます。

日差/月差/年差について

時計の精度は、日差/月差/年差 であらわされます。

日差

時計の1日の進み・遅れの度合いを表す用語。主に機械式時計の精度を表す場合に使用します。

月差

時計の1ヶ月間の進み・遅れの度合いを表す用語。

年差

時計の1年間の進み・遅れの度合いを表す用語。一般的なクオーツ時計の精度は月差で表すのに対し、高精度クオーツは年差で表されます。

年差についてのご注意

時計の精度は、少なくとも3~4ヶ月くらい携帯して判断することが大切
年差とは、1年間を通しての誤差を意味しており、1ヶ月の遅れ進みが必ずしも年差の12分の1になるということではありません。

機械式時計の平均日差

機械式時計の場合、その精度は使用環境や巻き上げ量等のさまざまな条件の影響を受けて毎日微妙に変化し、一定しないものです。機械式時計の日差は、1日だけで判断せず少なくとも1週間から10日程度の平均値を確認することが大切です。

使われ方で変わる精度

精度はクオーツ時計が月差・年差であるのに対して、機械式時計は日差数秒から数十秒です。
またご使用になる条件によって進み・遅れの大きさが異なります。

時計の向きによっても精度は変化

着用中に時計の向きは文字板面が上を向いたり、横を向いたりと様々に変化します。機械式時計の場合、時計の向きで精度(進み・遅れ度合い)が異なります。
これは地球の重力や部品同士の摩擦等が時計の動作に影響を与えるからです。
一人一人の使い方にそれぞれ特徴があるため、進み・遅れ度合いに一定の特徴が出ます。また一人の方のご使用環境でも日々精度は微妙に変化します。
時計の向きで精度が異なる特性を利用し、使わないときの時計の置き方を配慮することで、着用中に生じた精度の誤差をある程度ご自分で補正することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket